ケトコナゾールクリーム

カンジダ、脂漏性湿疹の治療薬ケトコナゾールクリーム

一般に皮膚科で処方されることの多い軟膏の一つに、 ケトコナゾールクリームと呼ばれるものがあります。

 

 

この ケトコナゾールクリームは、カンジタや脂漏性湿疹などにも使われますが、ニキビの治療にも広く用いられるようになっています。

 

 

ケトコナゾールクリームには、 ケトコナゾールと呼ばれる成分が含まれています。

 

 

この有効成分によって、ニキビのもとであるアクネ菌を殺菌することができると言われています。

 

 

また、ニキビの原因はアクネ菌だけではありません。

 

 

例えば、背中ニキビやおでこにできるぶつぶつした湿疹の原因は、マラセチア菌と呼ばれるもので、一種のカビであると考えられています。

 

 

ケトコナゾールクリームには、カビにも有効な抗菌作用があるため、この種のニキビにも効果を発揮することができます。

 

 

ケトコナゾールクリームの効果は早く現れ、特に大きな副作用はないと報告されています。

 

 

しかし、かぶれやかゆみ、発疹などの症状が出る場合もあるため、様子を見ながら使用することができるでしょう。

 

 

ケトコナゾールクリームの効果的な使い方のポイントは、ニキビの部分にのみつけるということです。

 

 

たっぷりと塗布し、しっかり浸透させるようにするのがポイントです。

 

 

ケトコナゾールクリーム