ケトコナゾールクリーム

真菌、白癬菌を殺菌するイミダゾール系の抗真菌薬

ケトコナゾールクリームはイミダゾール系の抗真菌剤です。

 

 

真菌はエルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜をもっており、この薬はそのエルゴステロールの生合成を阻害し真菌の発育を抑制または阻止することができます。

 

 

その真菌の細胞膜合成を阻害する働きによって菌を殺すことができ、抗真菌作用を示す薬として認識されています。

 

 

真菌を殺菌する塗り薬として水虫やカンジダ症の治療に主に用いられています。

 

 

また他には詳しい原因がまだ解明されていない脂漏性皮膚炎に対しても治療効果を発揮する薬です。

 

 

1、2週間の塗布で症状の軽減が期待できます。

 

 

殺菌作用がある塗り薬ですので使い続けることで完全に菌を殺して完治することができます。

 

 

そのため、かゆみがおさまったからといって自己判断で使用を中止せず、医師の判断された期間は使用し続けることをおすすめします。

 

 

この薬は効き目がいいこと、そして刺激痛などの副作用が比較的少ないことから、皮膚真菌症の治療に広く使われています。

 

ただ、人によってはかぶれたり赤みを帯びて来たりすることがあります。

 

 

ケトコナゾールクリームを使用したことによってかえってその箇所の赤みやかゆみがひどくなる場合は早めに病院を受診してください。

 

 

ケトコナゾールクリーム