ケトコナゾールクリーム

皮膚カンジダ症や水虫にお悩みの方

皮膚カンジタ症や水虫に悩んでいる方に処方される薬として、ケトコナゾールクリームという薬があります。

 

 

このケトコナゾールクリームは、イミダゾール系抗真菌剤で、真菌の細胞膜合成を阻害することで、抗真菌作用が働いてくれます。

 

 

真菌とはカビの事を言います。

 

 

水虫の場合はカビの一種である白癬菌が足の皮膚に寄生する為起こる症状です。

 

 

その為、このケトコナゾールクリームは真菌である白癬菌をやっつける効果が期待できます。

 

 

ケトコナゾールクリームは皮膚に直接塗る薬で、白癬や皮膚カンジタ症などには一日一回塗るようにしましょう。

 

 

また、脂漏性皮膚炎の場合は通常一日二回程度患部に塗るようにする薬です。

 

 

使用するのを忘れた場合は、気付いた時に塗るようにしましょう。

 

 

効き目の強い薬でもありますので、用法・用量はしっかりと守って使うようにしてください。

 

 

また、水虫の薬でかぶれたことがある人は、医師に相談してから処方してもらうようにしてください。

 

 

2〜3週間程度使用して効果が得られなかった場合も、相談するようにしましょう。

 

 

ケトコナゾールクリームの副作用としては、蕁麻疹・接触皮膚炎・かゆみ・発赤・刺激感などがあります。

 

 

これらの症状がありましたら、担当の医師または薬剤師に相談するようにしてください。

 

 

ケトコナゾールクリーム