ケトコナゾールクリーム

抗真菌薬ケトコナゾールクリームは、ニゾラールクリームのジェネリック薬

ケトコナゾールクリームは有効成分としてケトコナゾールを配合した抗真菌薬で、同じ成分を配合したニゾラールクリームのジェネリック医薬品となり、先に発売されたニゾラールクリームとほぼ同じ効果が期待出来ることと、後発品であるため価格が安くなっていることという特徴を持ちます。

 

 

このクリームで治療が出来る疾患としては、白癬(水虫)や皮膚カンジダ症、脂漏性皮膚炎などがあります。

 

 

ケトコナゾールクリームは抗真菌薬に分類され、カビ(真菌)を殺菌出来る薬ですが、大人ニキビの一種に真菌のマラセチア菌が原因となって発症するものがあり、この薬を塗ると症状が改善することが多いので、しつこい大人ニキビが身体に出ている場合は皮膚科を受診してこの薬のような抗真菌薬を処方してもらうのがおすすめです。

 

 

皮膚科では抗真菌薬の塗り薬でジェネリック医薬品を扱っている場合にケトコナゾールクリームを処方してもらえる場合があり、薬代が先発品のニゾラールクリームよりも安くなるので、なるべく病院で費用を抑えたい人は病院を探す時にジェネリック医薬品を使っている所を探して行くのが良いでしょう。

 

 

最後に、マラセチア菌は頭皮で増殖した場合、頭皮に炎症を起こして脂漏性脱毛症という髪が抜け落ちる症状を起こす場合もありますので、もしも脂漏性脱毛症が疑われるような症状が出ている場合も、皮膚科を受診しケトコナゾールクリームなどを処方してもらいましょう。

 

ケトコナゾールクリーム