ケトコナゾールクリーム

ケトコナゾールは真菌症の治療に使われる薬、クリームタイプがおすすめ

ケトコナゾールクリームというのは、白癬やカンジダ、より分かりやすく言えば水虫などの真菌症の治療に用いられる薬です。

 

 

白癬やカンジダ、水虫の原因となるのは、真菌と呼ばれる菌類の一種です。

 

真菌と言ってもあまり聞き慣れないかもしれませんが、これはキノコやカビと同じ仲間です。

 

 

いわば、皮膚や粘膜にカビが生えたものが水虫などの真菌症ということになります。

 

そこで、治療のためには真菌をやっつける薬を作ればよいということになりますが、これは言うほど簡単なことではありません。

 

ヒトも真菌も同じ生き物であり、むやみやたらと真菌をやっつけては、ヒトの細胞自身もやっつけられてしまうかもしれないからです。

 

 

ですので、真菌症に効果的な薬を作るためには、真菌にだけ効いてヒトには効かない薬を作らなければなりません。

 

ケトコナゾールクリームとはそういう薬です。

 

これは、真菌とヒトの細胞の違いに目をつけています。

 

真菌もヒトの細胞も、細胞膜という膜で覆われています。

 

ところが構成成分が異なるのです。

 

真菌の細胞膜はエルゴステロールという物質が含まれている一方で、ヒトの細胞には含まれていません。

 

 

ケトコナゾールクリームは、エルゴステロールの合成を阻害することで、真菌にだけ効果を発揮するようになっているのです。

 

ケトコナゾールクリーム