ケトコナゾールクリーム

ケトコナゾールクリームは白癬・カンジダ・癜風等の治療薬

ケトコナゾールクリームとはイミダゾール系抗真菌薬という種類に属している塗り薬で、主に病院で処方される事になる薬です。

 

 

これは正式名称をニゾラールクリーム・ニゾラールローションと言い、1日1回塗る事によって白癬・カンジダ・癜風等の各種真菌に対して殺真菌的に作用する事を特徴とする強力な抗真菌薬になります。

 

 

この効果はイミダゾール系の抗真菌薬における特徴と言える物で、真菌細胞膜の重要な構成成分であるエルゴステロールへの合成を阻害する事によって細胞膜を脆くする事で真菌を殺す物となっているのです。

 

 

しかしケトコナゾールクリームには他のイミダゾール系の抗真菌薬には無い最大の特徴があり、それが脂漏性皮膚炎に対して保険適応を持っている薬である事となります。

 

 

これは皮脂の多い部位に好発する真菌症で癜風の原因菌となっているマラセチアが原因となっている病気なのですが、ケトコナゾールクリームはこのマラセチアを殺す事によって脂漏性皮膚炎に効果を示す事が臨床試験で証明されているのです。

 

 

この事から脂漏性皮膚炎に対して保険適応を持っている薬となっているのですが、これに加えて大きな副作用を発症する危険性が低いという特徴も持っている事から多用されている薬となっています。

ケトコナゾールクリーム