ケトコナゾールクリーム

白癬菌や真菌を殺菌する薬ケトコナゾールクリーム

ケトコナゾールクリームは水虫の原因の白癬菌やカンジダなどの真菌を殺菌するための薬です。

 

 

水虫やカンジダなどの原因となっているのは真菌と呼ばれているカビの一種です。

 

 

痒みがあるから、というような理由で市販のかゆみ止めなどを患部に使うと抵抗力が低下してしまい、逆に真菌の繁殖を助けてしまい症状が悪化してしまうことがあります。

 

 

ケトコナゾールクリームは真菌の細胞が持っているエルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜の合成を阻害し、真菌の成長を抑制することで真菌の増殖を防いで症状を改善していきます。

 

 

特に白癬菌の場合は長期間の治療が必要となります。

 

 

かゆみや皮がむけるなどの症状が治まったから完治したんだ、とケトコナゾールクリームを塗らなくなってしまうと残っていた白癬菌が増殖を開始し、また痒みなどの症状が出てしまうことがあります。

 

 

指示された期間は症状が治まっていても継続して使用することが重要になります。

 

 

塗る時にも患部よりも少し広めに塗ることで感染の拡大を阻止することができると言われています。

 

 

クリーム状になっているため副作用は少ないと言われていますが、塗った時に刺激がある場合があります。

 

 

痒みやかぶれ、発赤などの副作用の症状が現れる可能性があります。

 

 

ケトコナゾールクリーム