ケトコナゾールクリーム

皮膚真菌症を改善する治療薬ケトコナゾールクリーム

抗真菌剤であるケトコナゾールクリームは、主に白癬や皮膚カンジダ症の皮膚真菌症に対しての改善に効果が期待できるクリームです。

 

 

体内への浸透が早く真菌の細胞膜合成を阻害できるイミダゾール系抗真菌剤で、比較的早く効果が期待できる他、刺激などの副作用も少ない特徴があります。

 

 

白癬や皮膚カンジダ症には1日1回の塗布、脂漏性皮膚炎に用いたい場合には1日2回の塗布が望ましくなります。

 

 

目の付近への利用を避けて、万が一入ってしまった場合には水で洗い流し眼科医を受診します。

 

 

妊娠や授乳中の人は医師と相談の上使うことが望ましくなります。

 

 

必要以上に塗布しても改善は期待できず、副作用を起こす場合があります。

 

 

蕁麻疹やかゆみ、刺激感があったりびらんや皮膚剥脱、水疱、塗布部に出血や不快感、炎症が起きてしまう人もいるので塗布後に異変を感じたらすぐに受診をした方が安心です。

 

 

ケトコナゾールクリームの塗布により状態が改善したら、残ったクリームは廃棄することが望ましく、開栓して使ったあとの長期保存には適していません。

 

 

開栓していない未使用品であれば使用期限まで保管することが可能で、高温多湿や直射日光を避けてお子さんやペットの届かないところにしまいます。

 

 

ケトコナゾールクリーム