ケトコナゾールクリーム

水虫(白癬菌)の治療に使われる抗真菌薬ケトコナゾールクリーム

白癬(水虫)やカンジダなどにかかると、かゆくてたまらなくなるので、落ち着いた気持ちで日常生活を送れなくなってしまいます。

 

 

放っておいても治るどころか、悪化することが多いので、早くかゆみをなくして、もとの状態に戻したいときはケトコナゾールクリームを使うようにしましょう。

 

 

これは種類的にはイミダゾール系抗真菌薬になり、病院でも処方されている塗り薬ですから、市販薬に比べると効き目が高く、スピーディーに症状を改善することが出来ます。

 

 

抗真菌薬には真菌の増殖を抑える効果のある、静真菌作用のタイプと、抗真菌効果のある、殺菌作用のタイプとがありますが、イミダゾール系は後者のタイプで、殺菌作用があることから非常に強力で、確実な効果が期待できます。

 

 

抗真菌薬を使うと、真菌を退治して、もとの健康な状態に戻せますから、この薬を使いたいときはお近くの病院で診察を受けて処方してもらうか、個人輸入代行通販から購入するようにしましょう。

 

 

ケトコナゾールクリームは、主に皮膚に感染した真菌に対して用いられるので、日常で感染するさまざまな皮膚真菌症に効果があります。

 

 

白癬(水虫)やカンジダなどになると、女性は特に恥ずかしがって、なかなか治療を受けない傾向にありますが、放っておくと悪化しますし、他人にうつしてしまうこともあるので危険です。

 

 

抗真菌薬を使えば、簡単に治せるので、体に異変を感じたら、出来るだけ早く治療を始めるようにしましょう。

 

 

 

ケトコナゾールクリームは塗り薬なので、それを塗った患部にのみ作用し、全身に薬がまわることはほとんどないので、それほど大きな副作用がなく、安心して利用できるというメリットがあります。

 

 

皮膚の表面である角質だけに成分が浸透して作用しますから、そこから深部にある真皮以下にはほとんど届きませんし、塗布後には、血液中でもほぼ確認できないことが確認されています。

 

 

抗真菌薬の塗り薬の中でも、皮膚にのみ留まる薬なので、副作用が心配な方には特におすすめです。

 

 

その代わりに皮膚の角質層には長時間留まりますから、1日1回塗布するだけで効果が持続するため使いやすく、1日に何回も塗る必要はないというのも魅力です。

水虫やカンジダ、脂漏性皮膚炎の治療に使います

ケトコナゾールクリームは白癬(水虫)やカンジダ、脂漏性皮膚炎などに効果があります。

 

 

真菌の細胞は、エルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜を持ちますが、この薬は、そのエルゴステロールの合成を阻害し、細胞膜をもろくして、真菌の発育を抑制または阻止できるので、真菌を効果的に殺菌できます。

 

 

この薬は真菌を殺すことが出来るので、使いすぎると人の体にも害を及ぼしますが、塗り薬ということもあり、全身に投与するものではないので、その副作用も局所的なものとなります。

 

 

ゆえに全身性の重篤な副作用はほとんどありませんが、人によっては、薬を塗った箇所に刺激やかゆみを感じたり、赤くなったり、水ぶくれが起こったり、接触性皮膚炎などが起こることもあります。

 

 

いずれも重篤になることは少ないので、薬の使用を中止すれば自然と良くなっていくでしょう。

 

 

 

ケトコナゾールクリームを使用する際に注意したいのは、途中で治ってきたと思っても、まだ真菌が残っていることがあるので、途中でやめずに、指示された期間は治療を続けるということです。

 

 

角質層が厚い、足の裏などは半年〜1年以上続けないと完治しないことがありますが、使用回数を守らず、使いすぎると皮膚が荒れたり、かぶれるので気を付けましょう。

 

 

クリームは広めに塗り、皮膚の角質層に十分浸透させるようにすれば、治療開始から2〜3週間もすれば、症状が改善するはずです。

 

 

もし何の変化もない場合は、医師に相談し、薬を換えてもらうとよいでしょう。

 

ケトコナゾールクリーム