ケトコナゾールクリーム

真菌感染症の治療に使われる抗真菌薬ケトコナゾールクリーム

ケトコナゾールとは、真菌感染症の治療に使用されるイミダゾール系の抗真菌薬です。

 

 

効能としては、真菌の細胞膜を構成しているエルゴステロールが作られるのを阻止することで、症状を改善する効果があるとされています。

 

 

真菌感染症とは、爪や角質や表皮など体の表面でとどまる表在性真菌症と、皮膚の真皮以下の皮下組織や臓器にまで及ぶ深在性真菌症の2種類に分類されます。

 

 

表在性真菌症の原因となる菌は、白癬菌やカンジダ、癜風などがありますが、ほとんどの場合は白癬菌が原因となっています。

 

これらの菌は皮膚に常に在菌している為、体の免疫力が低下した際などにみられる場合があります。

 

白癬菌が原因となる代表的な症状としては、水虫、爪水虫、いんきんたむし、しらくも、たむしなどです。

 

そしてこれらの原因となる細胞の主な構成成分はエルゴステロールです。

 

つまり、ケトコナゾールの作用を利用して、このエルゴステロールが作られないようにすれば、真菌を死滅させることが出来るのです。

 

 

また、ケトコナゾールはまれにニキビ治療に用いられることもあります。

 

ニキビは通常アクネ菌が原因となっているのですが、真菌が原因となっている場合があるのです。

 

真菌が原因でニキビが出来てしまう場合は、生活習慣や食事などが原因になっている場合が多いです。
お肌のバリア機能が弱まってしまうため真菌に抵抗することが出来ずに、繁殖が進行していってしまうのです。

 

その為、ケトコナゾールは真菌に対して抗菌効果を発揮するので、なかなかニキビが治らない場合などに処方されることがあります。

浸透性が高く使いやすいクリームタイプ

ケトコナゾールにはクリームタイプとローションタイプの2種類がありますが、一般的に多く処方されているのはクリームタイプの方です。

 

なぜかというと、クリームタイプの方が浸透性が高い為効果が出やすく、使用感もいい為です。

 

ローションタイプもクリームタイプと同様に効果は期待できるのですが、刺激が強い為、部位によっては使用を控える必要があります。

 

 

ケトコナゾールを塗布するタイミングとしては、お風呂上りが1番効果的だと言われています。
これは、角質層が柔らかくなっているため薬剤の浸透率が高まるからです。

 

 

また、症状によって1日に塗布する回数が変わってくるので注意が必要です。

 

例えば、白癬や皮膚カンジダ症や癜風などは、通常1日に1回塗布します。
脂漏性皮膚炎の場合は、通常1日に2回塗布します。

 

塗り忘れた際などは、一気に2回分を塗布するのではなく、気が付いたときに塗るようにします。

 

 

そして、人によっては副作用が出てしまう場合があります。
その症状としては、接触性皮膚炎、発赤、かゆみ、刺激感などがあげられます。

 

また、使用にあたってはいくつかの注意点があります。

 

真菌は症状がある部分だけではなく、その周囲にも潜んでいる可能性があります。
その為、例えば水虫の場合などは、その患部だけではなく、足の裏やかかとまで広範囲に塗布する必要があります。

 

また、症状が良くなった、完治した、と感じても、実はまだ菌が潜んでいることもあります。
このことから自己判断で塗布することをやめずに、皮膚のターンオーバーの周期とされている約4週間程度は継続して使用する必要があります。

 

 

これらのことから、真菌感染症に悩む人は、医師の指示通りに継続的にケトコナゾールクリームを塗布することで、症状が改善していく可能性があることが分かります。

 

 

また入手方法としては、日本では市販はされていない医薬品になるので、医療機関で処方してもらうか、個人で海外から輸入するかのどちらかになります。

 

海外からの輸入は気軽に入手できる方法ですが、そうなると自己責任となってしまいます。

 

その為、安全な医療機関を受診し、医師に自分の症状を直接相談をした方が安心です。

 

 

ケトコナゾールクリームを上手に使って、真菌感染症と向き合っていくことが重要です。

イミダゾール系の抗真菌薬ケトコナゾールクリーム

ケトコナゾールクリームはその名の通り、ケトコナゾールを主成分にした真菌の治療に用いる塗り薬です。

 

 

ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、真菌の細胞膜合成を阻害することで抗真菌作用を示します。

 

 

真菌という名称を聞くことはあまりありませんが、カビの仲間を専門的に表す際に使用される言葉です。

 

 

病原微生物のひとつとされ、ウイルスや細菌と同じカテゴリに属しています。

 

 

ただし、ウイルスは抗ウイルス薬、細菌は抗生物質とそれぞれ治療薬が異なるように、真菌に対しては抗真菌薬が必要となります。

 

 

ケトコナゾールクリームは塗り薬として皮膚に寄生するカビを退治するために用いられ、幅広い抗真菌スペクトルで様々な症状に対応しています。

 

 

ケトコナゾールの効能は、白癬菌による水虫、性感染症のひとつであるカンジダ、癜風、脂漏性皮膚炎などで、使用方法に従って使うことでしっかりと治療することができます。

 

 

特に水虫は治療期間が長く、なかなか改善されることは少ないですが、効果は認められているので、諦めずに継続して塗ることで完治させることができます。

 

 

最近では水虫薬としてイミダゾール系の抗真菌薬がドラッグストアなどで販売されていますが、ケトコナゾールクリームは主成分を同じくしたジェネリック医薬品となります。

 

 

市販はされておらず病院での処方、または海外からの個人輸入でしか入手方法がありません。

 

 

国内ではケトコナゾール2%が配合され1gにつき22.8円を薬価としていて、20gを購入する場合は456円となります。

水虫やカンジダの治療に使われています

非常に安く購入できるのですが価格と効果は比例しておらず、強い抗真菌活性があることから、水虫の治療でもしっかりと効果を発揮してくれます。

 

 

イミダゾール系はアゾール系の中に含まれる系統で、70年代半ばに登場したとても古い種類となっていますが、水虫とカンジダの治療では有効的な作用を持つことから、現在でも重宝されています。

 

 

その中でもケトコナゾールは副作用が少ないというのが特徴で、硝酸ミコナゾールといった薬剤が含まれます。

 

 

イミダゾール系は一昔前までは1日数回の塗布が必要だったものが、研究が進み改良された結果、皮膚への浸透力が高く長時間でも効果を損なわない薬剤としてケトコナゾールが開発されたため、1日1回の塗布で十分な効果を発揮するようになっています。

 

 

ケトコナゾールクリームの用法用量として水虫、カンジダ、癜風では1日1回の塗布で十分な抗真菌作用を発揮し、脂漏性皮膚炎に関しては通常、1日2回を頭皮に塗布することになっています。

 

 

ただし、医師によっては塗る回数を変更することがあるので、その際は医師の指導に従って使用しましょう。

 

 

万が一目に入った場合は、すぐに水で洗浄して医師または薬剤師に相談します。

 

 

塗り忘れた場合は気づいた時に塗布するだけで十分で、より効果を期待するつもりで2回分を塗るような真似は決してしないようにしましょう。

 

 

皮膚に塗る薬であることから、体への影響は非常に少ないですが、妊婦または授乳中の女性が使用するには注意が必要となっています。

 

 

また、他の病気によって治療薬を使用している場合は、たとえ飲み薬であってもお互いに作用を強めたり、作用を阻害してしまう可能性もあるので、医薬品、サプリメントなどを含めて使用する際には医師に相談するようにしましょう。

 

 

刺激性の少ない成分なので、基本的に敏感肌でも安心して使用することのできるクリームです。

 

 

真菌の感染症に広く使用されることから症例も多く、ケトコナゾールは安全性の確立された成分ですが、人によっては肌が荒れる、かぶれる、発疹、かゆみといった副作用を起こすこともあります。

 

 

効果が一時的であれば良いですが、かゆみが継続するような場合は使用を中断してかかりつけの医師に相談しましょう。

ケトコナゾールクリーム